美弥 近所で交際してくれる女の人

筆者「最初にですね、あなたたちが出会い系サイトで異性と交流するようになったのはなぜか、順々に話してください。
集まったのは、高校を途中でやめてから、美弥五年間巣篭もり生活をしているA、「せどり」で暮らそうといろいろ試しているB、規模の大きくない芸能事務所でレッスンを受講して、アクションの俳優になりたいC美弥、出会い系サイトなら何でもござれと言って譲らない、近所で交際してくれる女の人パートのD、五人目の、新宿二丁目で水商売をしているE。
みんな二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「今は自宅の警備しかしていないんですが美弥、ネットをいろいろ見てたらすごくルックスのいい子がいて、向こうからコンタクトとってくれて、それから、あるサイトのIDをつくったら、直メしていいからって言われたのでID登録しました。その子とはそれっきりでした。ただ、見た目が悪くない女性はやり取りしたので」
B(せどりに)「アカウント取ったころはやっぱり、自分もメールのやり取り中心で。女優みたいなルックスの人いて、一目ぼれしました。もっと話したいから会員になって、そのサイトについては近所で交際してくれる女の人、機械とか業者のパターンが多くてなかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、今でも利用しています。
C(アクション俳優を目指す)「私についてですが、役作りになるだろうと思って始めましたね。出会い系サイトで離れられないような人の役をもらって、私も浸っています。

美弥 近所で交際してくれる女の人は笑わない

D(アルバイト)「僕の場合美弥、先に利用している友人がいて、お前もやってみろって言われているうちに手を出していきました」
美弥加えて、最後となるEさん。
近所で交際してくれる女の人この人については、他の方と大分違っているので、正直言って浮いてましたね。
質問者「もしかして、芸能人で下積み時代を送っている人ってサクラのアルバイトをしていることが沢山いるのでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだと言いますね。サクラで生計を立てるって、シフト融通が利くし、我々みたいな、急にショーの予定が入ったりするような職に就いている人種には求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし人生経験の一つになるし…」

美弥 近所で交際してくれる女の人で年収が10倍アップ

C(とあるアーティスト)「良い経験にはなるよね、女性としてコミュニケーションを図るのはなかなか大変だけど俺らは男目線だから、自分が言われたいことを向こうに伝えればいい訳だし、男の心理はお見通しだから、男もやすやすと飛びつくんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「逆に言えるが、女でサクラをやっている人は男性の心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
近所で交際してくれる女の人著者「女の子のサクラより、男性がサクラをやる方が秀でた結果を残しているのですか?」
D(芸能に事務所所属の一人)「えぇ美弥、そうですね。秀でた成績を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕は女性のキャラクターを作るのが上手じゃないので、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(芸人さん)「知られている通り美弥、正直者が馬鹿をみる世界ですからね…。女の子になりきるのが大変で…俺も頑張っているんです」
筆者「女性になりきってやりきるのも、思った以上に苦労するんですね…」
女性キャラの成りきり方についての話が止まらない彼女ら。
美弥その途中で、ある発言をきっかけとして、自らアーティストであるというCさんに関心が集まったのです。
出会い応援サイトを利用する人に問いかけてみると、美弥大多数の人は、孤独になりたくないから、つかの間の関係が築ければ構わないと言う気持ちで出会い系サイトにはまっていってます。
つまりは、美弥キャバクラに行くお金を節約したくて、風俗にかけるお金も払いたくないから、料金が必要ない出会い系サイトで、「手に入れた」女性でお得に間に合わせよう、と思う中年男性が出会い系サイトという選択肢ををチョイスしているのです。
他方、「女子」側では相違なスタンスを包み隠しています。
「相手が熟年でもいいから、近所で交際してくれる女の人何でもしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系なんてやってる男性はだいたいがモテないような人だから、中の下程度の女性でも思いのままにできるようになるかもしれない!思いがけず、カッコいい人に出会えるかも、おっさんは無理だけど、顔次第では会ってもいいかな。女性の半数以上がこのように考えています。
簡単に言えば美弥、女性は男性の顔面偏差値かお金が目的ですし、男性は「手頃な値段の女性」を標的に出会い系サイトを働かせているのです。
男女とも、近所で交際してくれる女の人できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを要求しているようなものです。
そして遂には、出会い系サイトを使いまくるほどに、男共は女を「もの」として価値づけるようになり、女達も自分自身を「もの」として扱うように歪んでいってしまいます。
出会い系サイトの使い手の見解というのは美弥、女性を徐々にヒトではなく「物」にしていく感じの危うい「考え方」なのです。