話 特別な人違い

筆者「まずは、あなたたちが出会い系サイト利用を決めたとっかかりを全員に聞きたいと思います。
インタビューに協力してくれるのは、高校を卒業せずに五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、「せどり」で生活費を稼ごうとまだ上手くはいっていないB、規模の大きくない芸能事務所で指導を受けながら、ゆくゆくはアクション俳優になるというC、すべての出会い系サイトを網羅すると言って譲らない、ティッシュ配りをしているD、ほかにも、新宿二丁目で水商売をしているE。
AさんからEさんまで二十代の前半です。
A(自称自宅警備員)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットを浮遊しててすごいきれいな子がいて、向こうからアプローチ来て、その後、あるサイトのアカを取得したら、直接メールしていいって言われたので、IDゲットしました。それ以降は連絡がつかなくなっちゃいました。言うても、他にも可愛い人会えましたね。」

話 特別な人違いにはどうしても我慢できない

B(転売に挑戦中)「登録してスグはやっぱり、僕もメールからでしたね。ルックスがすごくよくて、タイプでしたね。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトについては、機械とか業者のパターンが多くてちゃんと女性も利用していたので、そのまま続けて利用しています。
話C(俳優志望)「私はというと、役の引き出しをつくるのにいいかとID取得しました。出会い系サイトを依存する役に当たってそれがきっかけです」
D(パート)「僕の体験ですが、友人で使っている人がいて、関係で始めたって言う感じです」
それから、5人目であるEさん。
この人については、大分特殊なケースでしたので、正直なところ一人だけ蚊帳の外でしたね。
驚くことに前掲載した記事で、特別な人違い「出会い系サイトでは魅力的に感じたので、楽しみに会いに行くと犯罪者だった」という体験をされた女性の話をしましたが、特別な人違いこの女性がどんな行動をしたかというと、男性と終わりにならずに付き合う展開になったのです。

晴れときどき話 特別な人違い

その時の状況が、「男性は格好から普通とは違い、断る事が怖くなってついて行くしかなかった」と言っていましたが、さらに詳しく聞いてみると、彼女のタイプと近いこともあり一緒に行くことにした部分もあったようです。
男性の前科がどういったものかというと、小型のナイフではなく大きめのナイフで刺した相手も親だったという話だったので、危険だと感じてもおかしくないと考える人もいると思いますが、実際に話すと温厚そうな人で、子供や女性に対しては親切な部分もあったため特別な人違い、緊張しなくても問題ないと思い、お互いに恋人として思うようになったのです。
そのまま上手く関係が続いたかというと、男性におかしな行動をする場合があったので、話別れる素振りなど見せないまま家を出て、そのまま関係を終わりにしたと言うことでした。
近くにいるというだけでも圧迫感を感じてしまい、それまで一緒に生活していた場所から、逃亡するかのように出てきたという話をしていましたが、見た目や雰囲気の怖さがあったといった事が理由の全てではなく、お互いに言い争う事になると、手を出す方が早かったり、凄まじい暴力を振るう感じの動きをする場合があるから、催促されるとすぐにお金もだし、別の事に関しても色々として、その男性との生活は続いていたのです。
人並みに疑う心があればそんな男性を追いかける筈はないのにと考えられないところなのですがよく言えば清らかでだれでも信じる女の子の彼女たちは怪しい相手だと知っていてもその人をおいかけてしまいます。
過去に何人もの女の人が暴力事件の巻き添えを食うことになり殺害されたりしているのにしかしながらそのようなニユースから過信している女性たちは混乱する気持ちを受け流して相手になされるがまま支配されてしまうのです。
まえに述べたように彼女の浴びた「被害」は、どこから見ても犯罪被害ですし、何の理由もなく法的に責罰することができる「事件」です。できる
それでもなお出会い系サイトに行く女の人は、なぜか危機感がないようで、本当ならすぐにふさわしい機関に訴えるようなことも、ありのままに受け流してしまうのです。
その結果、加害者はこれほど悪いことをしてもバレないんだ、同意して貰えるならどんどんやろう」と、有頂天になって出会い系サイトを有効利用し続け、犠牲者を増やし続けるのです。
「黙って許す」と思うことは、良心的な響きがあるかもしれませんが、その態度こそが、犯罪者を増加させているということをまず解らなければなりません。
被害を受けたその時はすみやかに、警察でも無償で身方になってくれる相談窓口でもどちらにしても良いので先に相談してみるべきなのです。
出会い系の治安維持のためパトロールしている者がいる、そんな噂を見聞きしたことがある人も、かなり多いかもしません。
特別な人違いそもそも、出会い系サイトはあくまで一例で話、、膨大な規模を持つネットでは、残虐事件の委託、危険な密売、中高生の性的被害、このような法律に反する行為も、多数目撃されているわけです。
上記の事例が野放しになるのは話、さらなる被害者を生み出すことになりますし、罪のない人にとっては逃げ得を許してはいけないのです。
書き込み者の情報をじっくりと精査して、すぐにでも犯人を見つけ、令状発行をしてもらうことでお縄にかけることができるのです。
「保護法に違反しないの?」感じてしまう人も特別な人違い、ごく一部いるようですが、警察が国民情報をしっかりと保護をしながら、容易に知れるわけではないので、正式な許可を受けた上で、治安維持に努めているのです。
市民の多くは、以前にも増してもう安全な場所はない、これからの未来が不安だ泣き叫ぶ人もいるようですが、特別な人違いそもそも昔から凶悪事件はあり、昔の方が残酷な事件は多いと言われており、そういった事件に遭う人も右肩下がりとなっているんです。
だからこそ、1年中いかなる場合も、出会い系サイトを見て回る人が悪を成敗するわけです。
話何より、この先も違反者の発見に努めるでしょうし、ネット内の治安を乱す行為は増えることはないだろうと予想されているのです。